妊娠はいくつまで可能?

ご自身の青春期で、その母親には生理があるのを当たり前、殊更に頓着することもなく育ったりします。

 

ご自身の生理もまだまだ続き、生理がある限り妊娠が可能だと錯覚している状況も多々あるようです。

 

歳を重ね、やがては更年期が訪れ、閉経後の妊娠が不可能だということは分るとしても、その頃より以前に、既に妊娠には無理な状況に入っていることを知っておかないと、せっかくたてた生活設計も、ただの幻になることを、早くのうちに知っておく必要があります。

 

20代から30代半ばの妊娠が、この世に生まれてくる赤ちゃんにとっても最適な時期とされています。それは単に母体が若いから、というだけではないことが重要なのです。

 

生まれてくる時に持ってくる卵子は、そのまま体内に居続けますが、同時に母体と一緒に年を重ねているわけです。

 

つまり卵子も老化していくことに気づく必要があります。

 

老化の進んだ受精卵は、さまざまな負の要素を胎児にも母体にも与え、更には出産後も負の要素は子供とともに過ごすことになる場合が多いのです。

 

母体に関しては20代後半から、妊娠力が落ち始めていることに留意することが大事。大事な赤ちゃんを授かる妊娠には、動かせない妊娠適齢期があることを、認識しておくことは必要なことなのです。

 

家族設計と妊娠適齢期

子供を含めた生活設計をすることでしょう。29歳で妊娠というのが、最近の一般的な出産率だというデータがあります。

 

しかし、キャリア最中の女性が出産時期を後に延ばした生活設計を組む場合が多いのも事実です。

 

キャリアの都合で40代になってしまうこともしばしば、という話は良く耳にするところです。

 

妊娠・育児に耐える健康状態で出産が最適の年齢となると、20代から30代半ばまでといわれ、妊娠適齢期とも称されています。

 

女性の体が、普通に健康な生活を送っていても、順に老化するのは避けられません。老化は外観だけではなく見えない体の中では確実に進み、間違いなく機能も老化していきます。

 

美容術は進化しても、太古の昔から変えられることなく今に至っているのが、順を追って進む体の機能の劣化。

 

女性の生理器官の老化は、妊娠しにくくし流産しやすいなど、妊娠できる条件から遠ざかる現象が確実に増えていきます。

 

また、女性体内の卵子もその女性の年齢と一緒に年をとっていくわけですから、妊娠適齢期といわれる時期を過ぎた卵子自身もまた機能が老化とともに劣化し、受精しにくかったり、子宮への着床が困難になったり等など、難儀をかかえることになりがち。

 

以上のような事実があるという理解のもとに、家族計画や生活設計を考えることも、大事な作業といえるでしょう。

 

女性と男性の妊娠適齢期

女性は卵巣に卵子を蓄えて生まれてきます。その数なんと200万個と言われています。

 

しかし、いつでも赤ちゃんを持つことが可能、ということは決してありません。卵巣内にある卵子は、年齢とともに年をとります。

 

母体と同じく卵子にも老化はあります。生理の数だけ卵子が減るだけではなく、加齢とともに卵子の数も自然現象として減り続けることが分っています。

 

減少数は35歳を過ぎる頃から極端に増すことも指摘されており、妊娠の確率は更に低下していきます。

 

卵子の老化、それに母体のコンディションとを併せて考慮し、女性の妊娠に適した年齢は、20代から30代半ばと割り出されています。

 

最近よくいわれるところの、妊娠適齢期です。ちなみに忘れがちなのが、妊娠適齢期は女子だけにあるのではないということです。

 

卵子とは異なり、精子自体の劣化はないのですが、加齢に伴い精巣機脳が老化し劣化していくので、精子の数が減り妊娠しにくい状況をつくりだします。

 

また個人差はあるとはいえ、テストステロンというホルモンの分泌量に減少化が起こる結果、性欲の減退という状況にも至ります。

 

とはいえ、40歳を過ぎる頃には、精子の構造機能も劣化していくので、精子自体にも質の低下は起きてくるということです。

 

したがって、男性の妊娠適齢期は40歳頃まで、と言えるようです。